素敵なデザイン住宅を手に入れるために間取りのとり方を確認しよう

デザインで選ぶ

積み木

四季工房では、様々なデザインが多数存在するため自分の好みに合ったデザインを選ぶことが出来るといえます。オシャレな空間をつくることによって住みやすい他にも家庭内の雰囲気を変えることも出来るでしょう。

View Detail

注文するなら

レディ

注文住宅の間取りのとり方

最近では今までになかったおしゃれな住宅が建てられるようになっている現状です。また部屋の間取りもより自由度が増し、自分で決められる自由度が増えたのです。しかし自由度が増しても注文住宅を建てる人は、住宅に関して素人の人がほとんどのため、上手な間取りをとることができない人も多いのです。ここではデザイン住宅を建てる際の失敗しない間取りのとり方について紹介します。 間取りのとり方で重要になってくるのが、日光をどう取り込むかという明かりの部分です。南側にリビングを設置するようにする事で、光の差し込む明るいリビングにする事が可能です。また玄関を明るくしたければ南側に、玄関を北側にしてリビングをより広くするというのも、ひとつの手段なのです。

光を取り込む間取りを作る事が大切

デザイン住宅の間取りを決めるときに注意したい点として、周囲の視線があるのです。外からリビングやキッチンが丸見えになってしまうように、窓の位置を設計してしまうケースも多いため注意が必要です。外からの視線が気になる場合には窓の位置を高くする事でプライバシーを守ることが可能なのです。 また窓ガラスを上に持ってくることで、部屋の奥にまで光を届けることができるため、広い部屋では窓の開口を上までとることが大切です。 収納は人によってサイズが違うため、間取りを決めるときには普段の生活で必要になる物を書き出しておいて、それに見合った収納を作ることが重要です。注文住宅の間取りを決めるときに、実際に紙に書いてみてそこに家具などをサイズごとに切り出して、置いてみるとイメージしやすいためおすすめです。

素材について

一軒家

不動産売却をした後には、新しく済むべき住宅に様々な機能を求めじっくり考えることができますが、最近では自然素材を利用した住宅を作る人が多くなっています。その理由について確認しておくことが最適です。

View Detail

レイアウトについて

家の模型

最近では一戸建てのレイアウトにとても拘っている人が多いのですが、以前と比較するとかなり大きく変化しているものも多くなっています。このようなレイアウトは売却時にも大きく影響します。

View Detail